【解説】韓国キャンドル協会KCCAのとは何か ~認定指導講師資格講座

  1. HOME >
  2. 韓国キャンドルブログ >
  3. KCCA >

【解説】韓国キャンドル協会KCCAのとは何か ~認定指導講師資格講座

KCCA認定指導講師資格認定証

日本国内でも人気のKCCA認定指導講師資格講座(韓国キャンドルクラフト協会)。

「韓国キャンドルという言葉はよく目にするけどKCCAって一体何?」
「どんなキャンドルが作れるの?」
「KCCA資格修得のメリットやデメリットは?」

といった疑問をわかりやすく解説いたします。
KCCAの受講を検討されている方は是非参考にしてください☆

KCCA(韓国キャンドルクラフト協会)とは

koreancandlecraftassociation_fascinate

KCCAとは韓国で有名な「韓国キャンドルクラフト協会(Korea Candle Craft Association)」の略称です。 デザイン性に優れている韓国キャンドルは、日本でとても人気があります。

KCCAアロマキャンドルマスタークラス(KCCA Aroma Candle Master Class)や、KCCAキャンドルアーティストクラス(KCCA Candle Artist Class)といったコースがあり、国内ではアロマキャンドルクラスのレッスンをしている教室が多いです。

資格を修得したあとは年会費や更新、そのほかの費用は発生しません。教室開校やワークショップ、物販などすべてが自由です。

KCCAアロマキャンドルマスタークラスの内容

KCCAアロマキャンドルマスタークラスはキャンドルづくりが初めての方でも安心の座学から学んでいきます。キャンドルワックスの種類、ワックスの融点、染料と顔料の違い、芯の種類について理解を深めることができます。主に使用するワックスは大豆からできているソイワックスです。

キャンドルづくりで一番大事なことは温度管理。ワックスを溶かす温度、ワックスを注ぐ温度、これによってキャンドルの完成に大きな差が出ます。温度管理に注意しながらお好みのカラーを作る練習もしていきます。石膏を使ったアロマストーンやシリコンでオリジナルのモールドを作ることも出来ます。

アロマキャンドルクラスでは、協会が定めた27種類の基本カリキュラム+選択カリキュラム1種類の合計28種類のキャンドル画像をポートフォリオにまとめて申請書類等と一緒に提出します。選択カリキュラムは教室によって3種類程度が受けられます。

KCCAアロマキャンドルマスタークラス 基本カリキュラム

1.Tealight Candle
ティーライトキャンドル
2.Container Candle
コンテナーキャンドル
3.Beeswax Sheet Candle
ビーズワックスシートキャンドル
4.Pillar Candle
ピラーキャンドル
5.Cinnamon Candle
シナモンキャンドル
6.Gel Candle Holder
ジェルキャンドルホルダー
7.Plaster Perfumer
プラスターパフューマ―
8.Flower Perfumer
フラワーパフューマー
9.Silicon Mold Making
シリコンモールドメイキング
10.Making Candles Using Molds
メイキングキャンドルズユージングモールズ
11.Stone Candle
ストーンキャンドル
12.Macaron Candle
マカロンキャンドル
13.Transfer Technique Container Candle
トランスファーテクニックコンテナーキャンドル
14.Stamp Transfer Candle
スタンプトランスファーキャンドル
15.Icecream Candle
アイスクリームキャンドル
16.Dipping Candle
ディッピングキャンドル
17.Dipping Candle ~Cookie Cutter
ディッピングキャンドル ~クッキーカッター
18.Hurricane Candle
ハリケーンキャンドル
19.Pressed Flower Candle
プレスドフラワーキャンドル
20.Herb Candle
ハーブコキャンドル
21.Ice Candle
アイスキャンドル
22.Propose Candle
プロポーズキャンドル
23.Succulent Candle
多肉植物キャンドル
24.Cloud Candle
クラウドキャンドル
25.Diffuser
ディフューザー
26.Birch Bark Candle
白樺キャンドル
27.Birch Bark Holder
白樺ホルダー

>>ファシネイトのカリキュラム詳細はこちら

KCCAアロマキャンドルマスタークラス認定証

KCCA認定指導講師資格認定証

制作した28種類のキャンドルの写真を撮影しポートフォリオにまとめて申請書類等と一緒に提出すると、後日協会からこのような認定証が届きます。

認定証と一緒に自分が講師となってキャンドル教室を開く場合の流れもついてきます。基本的には対面のレッスンになりますが、コロナ過もあって協会からはオンラインでの授業が許可されました。

KCCAキャンドルアーティストクラスの内容

KCCAキャンドルアーティストクラスでは基本的なキャンドルの作り方を理解している人向けのレッスンになります。アロマキャンドルクラスと比べて技術に特化した内容で、カービングキャンドルやスカイジェルキャンドルといったデザイン性に優れているキャンドルを作るのが特徴です。

使用するワックスもソイワックスやビーズワックスといった定番のほかに、パルバックスワックスやマイクロワックスハード、パラフィンワックスなど色々な種類のワックスを使って制作します。

レッスンで制作するのは28種類の基本カリキュラムに4種類のリニューアル作品が追加された合計32作品になります。また、キャンドルアーティストクラスでは、韓国語または英語でキャンドル制作レシピを作成する必要があります。

KCCAキャンドルアーティストクラス 基本カリキュラム

1.Tealight Candle
ティーライトキャンドル
2.Wax Tablet
ワックスタブレット
3.Icecream Candle
アイスクリームキャンドル
4.Stone Candle
ストーンキャンドル
5.Silicon Mold Making
シリコンモールド
6.Objet Candle
オブジェキャンドル
7.Container Candle
コンテナーキャンドル
8.Macaron Candle
マカロンキャンドル
9.Stencil Candle
ステンシルキャンドル
10.Ebru Candle
エブルキャンドル
11.Cinnamon Candle
シナモンキャンドル
12.Taper Candle
テーパーキャンドル
13.Paper Wrapping Candle
ペーパーラッピングキャンドル
14.Basic Carved Candle Ⅰ
ベーシックカーブドキャンドル1
15.Basic Carved Candle Ⅱ
ベーシックカーブドキャンドル2
16.Mural Candle
ミュラルキャンドル
17.Marble Stand Candle
マーブルスタンドキャンドル
18.Glitter Candle
グリッターキャンドル
19.Flower Lantern
フラワーランタン
20.Prickle Candle
プリックルキャンドル
21.Shadow Lantern
シャドウランタン
22.Sky Gel Candle
スカイジェルキャンドル
23.Crystal Gel Holder
クリスタルジェルホルダー
24.Ceramic Pillar Candle
セラミックピラーキャンドル
25.Ceramic Candle Holder
セラミックキャンドルホルダー
26.Plaster Perfumer
プラスターパフューマ―
27.Dessert Candle Ⅰ
デザートキャンドル1
28.Dessert Candle Ⅱ
デザートキャンドル2
29.New Pressd Flower Candle
ニュープレスドフラワーキャンドル
30.New Mural Candle
ニューミュラルキャンドル
31.Bees Sheets Candle
ビーズシートキャンドル
32.Forest Candle
フォレストキャンドル

>>ファシネイトのカリキュラム詳細はこちら

KCCAの受講のメリット

資格修得後の自由度が高い

協会認定指導講師の資格を修得後は教室を開いて同じようにレッスンをしたり、ワンデーレッスン、ワークショップの開催、KCCAで学んだキャンドルを販売をすることが可能です。協会への特別な支払いや年会更新料などはなく、自由に活動ができます。

キャンドルの基本から学べる

独学でキャンドルを学ぶよりも、教室で数多くのワックスを実際に目で見て座学を受けたほうが身につきます。KCCAアロマキャンドルマスタークラスでは、はじめに座学でキャンドルについて理解を深めてから実技に入ります。キャンドルづくりが初めての方でも安心ですね。

趣味を通して出会いのチャンス

定番の可愛い韓国キャンドルが作れるようになるので趣味の幅が広がります。最近では多くのハンドメイド作家さんが活躍しているので、ミンネやクリーマ、委託販売にチャレンジして交流するのも楽しいと思います。

KCCA受講のデメリット

レッスン費用が高い

KCCAでは最低限の価格を決めていますが、教室によって自由に金額を決めることもできます。関東の相場はレッスン料+ディプロマ料+海外送金料で20万円くらいの教室が多いです。

教室によって内容に差がある

各教室によって座学やカリキュラムの内容が異なる場合があります。

KCCAの受講をおすすめしたい人

東京のキャンドル教室

キャンドルが好き、キャンドルづくりに興味があるという方はもちろんのこと、キャンドル初心者の方はKCCAアロマキャンドルマスタークラスをおすすめします。独学でキャンドルを作っているけどもっと色々な技術を学びたい方や自分のブランドを作ってキャンドル販売をするにも最適です。

KCCAキャンドルアーティストクラスは、ある程度キャンドルを作ったことのある方におすすめです。多様なワックスを使用しデザイン性のあるキャンドルを沢山つくります。カービングキャンドルやペーパーラッピングキャンドルは少し難易度が高めです。