FAQ ~よくあるご質問

2022年12月28日

  1. HOME >

FAQ ~よくあるご質問

レッスン前のよくある質問

レッスン料金はいつ支払えばよいですか?
はじめての方は銀行振込またはペイペイでのお支払いをお願いしております。2回目以降はレッスン開始前に現金でご清算も大丈夫です。
振込後のキャンセルはできますか?
大変申し訳ありませんが、レッスン料の返金対応はしておりません。よく内容をご確認のうえご予約をお願いいたします。
レッスン当日は何を持っていけばよいですか?
エプロンをご用意しておりますので特に必要なものはございません。コースレッスンをご受講される方は筆記用具をご持参ください。また、長時間になりますので軽食などご持参いただいても大丈夫です。
レッスン当日は何分前に教室へ到着すればよいですか?
ご予約されたお時間ぴったりで大丈夫です。早すぎてまだ準備ができていない場合はお待たせすることもあります。
男性ですがキャンドルのレッスンは受講できますか?
男性の方のみの対面レッスンはお断りしております。女性同伴であれば大丈夫です。オンラインレッスンは可能です。
コースレッスン含めて友達と二人で参加してもよいですか?
はい、お二人でのご参加も大歓迎です。
レッスン当日に遅刻した場合はどうなりますか?
電車遅延でご予約時間に間に合わない場合はすぐにメールにてご連絡ください。メール連絡もなく15分以上遅れた場合はキャンセル扱いとさせていただきます。
どういった服装で行けばよいですか?
エプロンをご用意しておりますが。万が一を考えて 汚れても大丈夫な服装でお越しください。また、袖回りがすっきりしているほうが作業はしやすいです。
作り途中のキャンドルを保管しておいてもらえますか?
保管が長すぎると劣化が始まることもありますので、早めにお引き取りくださいますようお願いいたします。モールドにワックスを入れてそのままにするとモールド自体も劣化しますので、ご連絡が無い場合はこちらで取り出します。お預かりから1年経ったものは処分させていただきますのでご了承ください。
キャンドルのレッスンははじめてなのですが、どのコースがおすすめですか?
はじめての方におすすめしているのはKCCAアロマキャンドルコースです。座学があるのでワックスの種類や特徴など基本を学べるからです。座学がわかればキャンドル制作において失敗をしても原因がわかるようになります。また、生徒さま限定のメンバーシップページには販売・教室開校に関する内容やKCCA資格申請の流れなど、有益な情報が掲載されていますので今後の活動のサポートになります。
体験レッスンはどういったものですか?
体験は気軽にキャンドルを作ってみたい方向けのレッスンです。コースレッスンとは違って材料や購入先のお伝えはしておりません。不定期で内容を更新していますのが、そのほか作ってみたいキャンドルがございましたら金額をご案内させていただきます。

コースレッスンに関する質問

KCCAアロマキャンドルコースは何日間、何時間かかりますか?
生徒さまの進み具合によって変動もありますが、5日間で各7時間前後になります。お時間を短くしてサクサク進めたいなどご要望がございましたら、できる限り対応させていただきます。
KCCAアロマキャンドルコースを受講したら材料の購入先がわかりますか?
はい。購入先や購入方法、KCCAの情報、さらには教室開校や販売に有益な情報を掲載しているメンバーシップページに掲載しておりますので、いつでもご確認いただけます。レッスン時にもわかりやすくご説明させていただきますのでご安心ください。
キャンドル制作は未経験ですがコースレッスンを受けても大丈夫ですか?
KCCAアロマキャンドルコースは初心者の方に受講していただきたい資格レッスンとなります。座学でキャンドルの知識を学んでから基本のキャンドルを作りますのでご安心ください。
コースレッスン受講後に教室の開校やワークショップはできますか?
KCCAの資格を取れば、ご自身で教室を開校して同じレッスンを展開することが可能です。ワークショップや販売はキャンドルの資格が無くてもできるものですが、コースレッスンを受けることでさらにクオリティの高い商品を作ることができます。
KCCAは分割で支払いは可能ですか?
はい、分割も対応しております。その場合はすべてのお支払いが終わってからテキストをお渡しとなります。

ご予約・お問い合わせはこちら

キャンドル制作に関する質問

韓国キャンドルを作るためにはどのような材料が必要ですか?また、それらの材料はどこで入手できますか?
韓国キャンドルでは主にソイワックスを使用します。ソイワックスにも色々な種類があり、用途によって使い分けが必要です。材料の購入先は、KCCAアロマキャンドルコースまたは基本の韓国キャンドルクラスなどのコースレッスンでお伝えしております。
キャンドルワックスなど材料の小分け販売はしていますか?
はい。主要なワックスなど1㎏単位で販売しております。教室にいらっしゃった方のみに販売となっておりますのでレッスン時にお声がけください。
ソイワックスハードタイプ(ピラー)とソイワックスソフトタイプ(コンテナー)の違いは何ですか?
融点(ワックスが溶ける温度)が違います。ハードタイプは自立するキャンドルに使用します。ソフトタイプは融点が低いので容器へ注ぐコンテナーキャンドルに使用します。
フレグランスオイルはどのくらいワックスに入れればよいですか?
制作するものにもよりますが、3%~10%程度になります。ただし、フレグランスオイルを入れすぎると燃焼の妨げになる場合もありますので入れすぎないように注意してください。沢山入れたほうが香りが強くなると思われている方もいらっしゃいますが、オイルによって香りの強弱がありますので関係ありません。
ワックスにフレグランスオイルを入れたいです。分量はどうやって計算すればよいですか?
100gのワックスに5%の香りをつけてキャンドルを作りたい場合は、「100×5%=5」になるので5gが必要です。

キャンドルを使用する際の質問

キャンドルに火をつける方法を教えてください。
キャンドルの芯の長さを0.5cm程度にカットしてから火をつけましょう。芯が長いと炎が大きくなり危険です。ライターでも構いませんが、芯と手元に距離がある点火棒やマッチの使用が安全でおすすめです。芯はまわりのロウを吸い上げて燃えるので、先端ではなく根本に着火してください。また、ガラス瓶などのコンテナに入っていないキャンドルは火をつけると溶けたロウが下に流れるので必ず器を置いてください。
キャンドルに火をつけた後はどうすればよいですか。
火をつけてから短時間で火を消してしまうと中心だけが溶けるトンネル現象が起きてしまいます。これを繰り返すと、前回溶かしたロウと同じ幅でしか溶けません。溶けたロウの液だまりがしっかりと全体に広がるまで灯しておくと長く綺麗に溶かすことができます。
キャンドルの火が小さくなったらどうすればよいですか?
小さくなった火を消してから溜まったロウをペーパー類に吸わせてゴミ箱に捨ててください。シンクに流すとロウが固まって詰まりの原因になります。芯の先端に炭状の塊(カーボンマッシュルーム)ができていたり、芯が長すぎていたらカットして調整しましょう。この作業をしてから再び火をつけます。
キャンドルの芯がロウに埋もれて消えてしまったらどうすればよいですか。
芯が完全にロウに浸ると火が消えてしまいます。そのため、芯のまわりのロウを取り除いてから火をつけてください。芯がロウに埋もれたまま固まってしまうと、再び火をつけることが困難になります。万が一そうなってしまった場合は、スプーンなどでやさしく芯のまわりにあるロウをかきだして芯を立たせてください。
キャンドルの火の消し方を教えてください、
ピンセットなど金属製のものを使って火のついた芯を溶けたロウに浸して消してください。息を吹きかけて消すと煙が出ますが、この方法だと煙が出ません。火を消した芯は次に良い状態で使用できるよう必ずまっすぐに立ててメンテナンスすることも忘れずに。芯先に出来た塊も取り除きましょう。

キャンドルのトラブルと対処法に関する質問

キャンドルの真ん中だけへこんで溶ける(トンネル現象)。
キャンドルに火をつけた後、表面全体が溶けていないうちに火を消してしまったことが原因で起こる現象です。これを繰り返すと、トンネルのように真ん中だけへこんでまわりのロウだけ残ることになります。もしそうなってしまった場合、キャンドルに火をつけてまわりのロウをやわらかくしてから、火を消してスプーンなどでまわりのロウを平らにしましょう。
数時間キャンドルに火を灯したのに外側まで溶けない原因は何ですか。
制作の時点で適切なサイズの芯が使われなかったことが原因とです。芯は太さによって溶ける範囲(プール幅)が決まっています。
キャンドルに空洞ができる(シンクホール)。
制作過程でワックスに空気が入ったときに起きる現象です。空気は上へと放出されますが、その前にワックスが固まってしまうと穴があいてしまいます。その場合は、残ったワックスを再加熱してから穴を埋めるかたちで注ぎます。もしくは、ワックスの表面を溶かして穴を埋めましょう。
キャンドルの火が大きくなってすすが出ます。
芯の長さが長いと黒い煙が出たり火が大きくなります。火をつける前に0.5cm程度に芯をカットしましょう。ガラス容器にもすすがついているようであれば、ティッシュペーパーなどできれいに拭き取るようにしてください。

ご予約・お問い合わせはこちら

おすすめ Recommend

KCCAハーブキャンドル韓国キャンドル教室ファシネイトweb 1

KCCA認定指導講師資格講座の流れ KCCA(韓国キャンドルクラフト協会)の認定指導講師の資格が取得できるアロマキャンドルコースは、韓国キャンドルを作られている方にとって有名なコースレッスンです。 こ ...

シークレットブックケースのミニケーキキャンドルとパールキャンドル 2

ICIAシークレットブックケース ICIAとは国際クラフトインストラクター協会の略称です。 Maisonanne先生 と Studio_H先生 が立ち上げた協会で、<Secret Bookcase ( ...

韓国キャンドル教室ファシネイト@デザートキャンドルマスターコース 3

SOCデザートキャンドルマスターコース デザートキャンドルを得意とするSlice of Candle先生 (スライスオブキャンドル先生)オリジナルのコースレッスンです。資格講座ではありませんが、先生に ...

2022年12月28日